臭いが強いと避けられる事が多くなりそれがいじめに見える

体臭などは生まれ持った物でもありますし、自分ではどうする事も出来ずに悩んでしまう事もあります。けれども、体臭が周囲に与える不快感は、やはり全くないとは言い切れません。例えば食事をしている時などに、煙草の匂いを嫌がる人はいますが、同時に体臭なども嫌がる人がたくさんいると思うのです。

煙草であれば禁煙席に座れば済む事なので問題ないのですが、体臭がある人と分けてくださいと言えば、それはいじめや人種差別のようにしか思われません。しかし、匂いに弱くてあまり強い匂いを嗅ぐと、一般的に良い匂いだとされている香水や柔軟剤などでも酔ってしまう人がいる以上、体臭の強い人が避けられるのはある意味仕方がない側面もあるかもしれません。

実際に昔体臭の強い人がいましたが、その人の利用した服をそばに置くのをやめて欲しいと言った人がいました。これはいじめなのかわかりませんが、言われた方はショックかもしれません。

体の臭いで一番嫌がられるのは、やはり周囲にも匂いやすい、わきがなどが一番だと思います。しかし、このわきがなどは治療によっても匂わなくなるようです。だとすれば、やはり周囲に好印象を持ってもらう為にも手術する、という方法も一つの選択なのかもしれません。

臭いが酷いからと言っていじめにあうのは理不尽ですが、やはり香りによって体調を崩す人がいる以上は、その臭いを全く問題視しない事には疑問を覚える部分もありますし、私がもし生まれつきの臭いを持っているとしたら、エチケットとして早めに対策をすると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>